Warning: include(/home/conduce/conduce.jp/public_html/zwp-imznh): failed to open stream: Permission denied in /home/conduce/conduce.jp/public_html/index.php on line 1

Warning: include(): Failed opening 'zwp-imznh' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.3.25/data/pear') in /home/conduce/conduce.jp/public_html/index.php on line 1
木梨憲武の絵画『感謝』は人生で一度見ておくべし! │ Conduce.jp

木梨憲武の絵画『感謝』は人生で一度見ておくべし!

木梨憲武の絵画『感謝』は人生で一度見ておくべし!

木梨憲武(Norita Kinashi)とは

木梨憲武は、芸人であり、歌手であり、俳優であり、声優でもあり、芸術家である。愛称は「ノリさん」、相方の石橋貴明は「憲武」、ヒロミは「ノリくん」と呼んでいる。

1962年東京生まれ。
1980年帝京高校野球部の石橋貴明とサッカー部の木梨憲武が、「お互いに一番面白いやつ」と認め合い、お笑いコンビ「とんねるず」を結成。1985年開始のアイドル番組『夕やけニャンニャン』の出演から火が付き、1987年開始のカップリング番組『ねるとん紅鯨団』で大ブレーク!1988年開始のバラエティ番組『とんねるずのみなさまのおかげです』は、6年連続バラエティ番組視聴率No.1となり、社会現象となるほどであった。

1991年より音楽活動を行い、『情けね』『ガラガラヘビがやってくる』が大ヒット!NHK紅白歌合戦にも出場している。1997年俳優活動も行い『にんげんだもの~相田みつお物語』『いぬやしき』等で人間味ある役を演じている。
2003年には『フォイティング・ニモ』のマーリン役として声優活動にも参加。
1994年「木梨憲太郎」名義で愛知県名古屋市で初個展を開催し、日本国内の他、アメリカ・ニューヨーク(2015年)、イギリス・ロンドン(2018)で海外個展を成功させ、多岐に渡り活動を行っている。

木梨憲武の芸風

芸風は、ネタというか一発芸やモノマネを行いながら、台本を全く無視してアドリブで好き放題暴れて笑わすことが得意。『永遠の小学生』というイメージが強く、どんなに無茶なことをしても、まるで無邪気な子供が遊んでいるような振る舞いで、仕掛けられた共演者が、思わず笑って許してしまう光景をよく目にした。モノマネの人気キャラクターとしては、『サブ北島(北島三郎)』『ひろし5木(五木ひろし)』が有名。

木梨憲武展の作品とは

木梨憲武自身が「これまで来てくれた人も、初めての人も、みんな楽しんでもらえる作品、新作そろえています‼ みなさん、遊びにきてください!」と伝えているとおり、思わず笑ってしまう作品や心が和む作品が多い。木梨憲武の作品を見れば、無邪気な子供の頃の気持ちを思い出し、純粋な気持ちを呼び覚ますことだろう。


木梨憲武『感謝』



2013年作品『感謝』

私が最も好きな作品。初めて見たとき20分ほど眺めていました。溢れ出す感謝の気持ちが伝わってきて、見る度に心が洗われ、穏やかな気持ちになりました。人生で一度は見ていただきたい逸品です。

木梨憲武展の最新情報

木梨憲武展の情報はこちらの公式ページをご覧ください。
https://www.kinashiten.com/